【技術支援成果】世界初、八角縫合針 “Octacus(オクタクス)” の開発

2019年2月18日

山口県産業技術センターの技術支援による新たな成果事例をお知らせします。

 

技術支援成果事例:世界初、八角縫合針  “Octacus(オクタクス)”  の開発

 

支援の概要:  従来、加工が困難とされてきた直径0.5ミリ以下の高強度ステンレス線の異形伸線加工技

術を確立し、商用生産向け加工装置・評価方法の開発に成功しました。異形伸線加工した八

角断面ステンレス線を用いて、世界で初めて手術用八角縫合針を製品化しました。

 

下のPDFファイルをクリックして内容をご確認ください。

世界初、八角縫合針 “Octacus(オクタクス)” の開発.pdf(489KB)