【技術支援成果】駐車場緩衝材の開発

2019年3月4日

山口県産業技術センターの技術支援による新たな成果事例をお知らせします。

 

【技術支援成果事例】

   駐車場緩衝材の開発

 

【支援の概要】

   トラックターミナル、倉庫などで、車両が建物に接触する際の衝撃を和らげるため、緩衝材が使用されています。トラックの大型化や倉庫等の利用増加に伴い、一般的なタイプ(例えばD型タイプ)に較べ、耐久性の高い製品が求められています。

   そこで、より高い耐久性を持つ駐車場緩衝材の実現を目指し、支援企業の技術者におけるシミュレーション技術の習得及び変形状態や応力、反力の評価等に関する支援を行いました。

 

下のPDFファイルをクリックして内容をご確認ください。

駐車場緩衝材の開発.pdf(151KB)