【研究開発成果】『わさびまんじゅう(雪どけ大福)』の改良

2019年4月4日

山口県産業技術センターの研究開発による新たな成果事例をお知らせします。

 

【研究開発成果事例】

   『わさびまんじゅう(雪どけ大福)』の改良

 

【研究の概要】

   従来の『わさびまんじゅう』には(1)着色用コマツナパウダーに由来する独特な臭い(2)冷凍保管中の硬化という課題がありました。そこで(1)に対しては、コマツナパウダーと代替可能な畑ワサビの葉乾燥粉末を開発、(2)については、原因がまんじゅうの皮であることを分析により明らかにし、皮の配合を変更した改良品との比較を行いました。開発した畑ワサビの葉乾燥粉末と新しい配合の皮を使用した『わさびまんじゅう』は、ワサビ本来の香りと、柔らかな食感を長期間保持した商品に改良されました。

 

下のPDFファイルをクリックして内容をご確認ください。

改良わさびまんじゅう.pdf(292KB)